神戸市PINARELLO TREK GIANTヤマダサイクルセンター

兵庫県神戸市中央区三宮町1-7-9TEL:078-331-2712 営業時間:10:30-20:00

2014年08月

2014/08/30

サイクル日記30

こんばんは!
今日は夕立があり驚きましたね笑
しかも、凄い夕立が。
急遽屋根のあるセンター街に
人が溢れていました(^◇^;)

しかし、お店はと言うと…
ゆっくりとした時間が流れていました。笑
常連の方々はこんな雨の日でも
ご来店していただき
楽しい時間を過ごせました↑

本日のブロクでは今年より取り扱いがスタートしたブランドに関してお伝えしとうと思います☻
そのブランドとは…

そう。
RIDLEY♪( ´▽`)
ベルギーのブランドです↑
ベルギーには荒れた路面や砂地が多いくそのような条件でも故障せず、速く走れるように機能が追及されているので、個性的なラインナップが豊富です↑
高度な塗装技術も特徴の一つで、複雑なマスキングテープをコンピューター制御で作成し、複雑な手作業で塗装が行われているんですよ!
まぁこのためにリドレーの生産台数は年間3万台と大手メーカーのような大規模生産に至っていないんですけどね…笑
その他にもフレームの形状はどのシリーズも似ているのですが
使用するカーボンを変えることでグレードの差を作っています\(//∇//)\

そして何より軽い!!!
本当に軽いです↑
写真も載せておきますね☻

い、いいロードバイクだー…笑
皆様是非お越しくださいませ↑

2014/08/29

サイクル日記 29

こんばんは!
最近夜がようやく涼しくなってきましたね☻
とても過ごしやすいですねー↑
自転車を乗るにも快適な日が近いですね(^^)

昨日はPINARELLOのDOGMA F8に関して
試乗会で感じた乗り味をお伝えしようと
思っていたのですが…
近々F8の試乗車が入荷するので
乗ってもらうのが早いと思います↑笑
何気なく凄い情報を出しましたが
皆様楽しみにしていてくださいね☻

先日山田サイクルセンターに
一つのチェーンが入荷してきました…
それは…

そう!
チェレステカラーのチェーンです!!!
どうですかー☻?
ビアンキファンの皆様!
チェレステが好きという皆様!
チェーンもチェレステで揃えてみませんか?笑
トータルコーディネートは大事です。
性能も上がります。
一石二鳥じゃないですか!!!笑
ぜひご検討くださいませ!

その他にも是非ともオススメしたい物が一つ。
PanaracerのR’airです!

新開発の高強度ブチルゴム
「Air Flex Lite Butyl」を採用しており
「軽さ」と「耐久性」があります↑
従来チューブの2.1倍の伸縮性と
高い振動吸収性を持ち、
高い路面追従性により
ライディングストレスの軽減を実現。
耐久性や耐パンク性を低下させてしまう軽量化に意味はない!と言わんばかりの
軽さと丈夫さのベストバランスです\(//∇//)\
こちらもご検討お願いしまーす♪( ´▽`)笑

2014/08/27

サイクル日記 28

こんばんは!
今回もPINARELLOのDOGMA F8に関してブログを書いていこうと思います☻
まず…
PINARELLOとは?
というところからスタートしましょうか。笑

PINARELLOは知っているけど
バックボーンや実践などは
イマイチかわらない…
といった方は多いと思います。

さて…
ツール・ド・フランスや世界選手権など様々なビッグレースで勝利に貢献してきたブランドこそ今回のブログで取り上げているPINARELLOなのですが、実績に甘んじること無く、素材やONDAデザインなど様々なテクノロジーを刷新した革新的な自転車を生み出していっているのも特筆すべき点です。

2002年に発表以来、現在までピナレロのフラッグシップとして君臨してきた

「DOGMA(ドグマ)」

このDOGMAで有名なのがマグネシウム合金製フレームに湾曲したONDAフォーク&シートステーを組み合わせたものですね(^^)
そして、2015年モデルとして誕生したのが「DOGMA F8」なのです!!!!
従来より協力関係を築いてきた「東レ」やピナレロのバイクを使用するUCIプロチームの「チームスカイ」に加え、イギリスの伝統ある自動車メーカー「ジャガー」との共同開発を実施し、近年のトレンドとなっているエアロフォルムを纏ったオールラウンドバイクに生まれ変わりました( ̄▽ ̄)


空力の向上を図り従来のONDAより形状を一新した「ONDA F8」フロントフォーク!
この「ONDA F8」と名付けられONDAフォーク&シートステー。
フォークは4つの急激な湾曲を持つ従来品に対して、F8はTTバイクのBOLIDEに倣い前方へとゆるやかに湾曲するブレード形状となり、シートステーからも急激な湾曲は姿を消し、緩やかにカーブするデザインへと変更されていますね( ̄▽ ̄)
車輪とのクリアランスを大きく取ることで様々な方向から吹く風の抵抗を低減しています↑


卵形のセクションの背面を平らにし乱気流を排除する真空状態を生み出すFlatbackデザインを採用☻
このFlatbackデザインの何が凄いって
Flatbackデザインが生まれるまでの過程ですね\(//∇//)\
エアロダイナミクスを向上させる上で重要なファクターの1つ、チューブ形状の設計にはCFD(数値流体力学)を用いて300回に及ぶコンピューターシミュレーションから算出された70ものデザイン案のそれぞれに対して、風の迎角を変えながら再度シミュレーションを行い精査。
その結果生み出されたのが、空気抵抗の低減を限界まで追求したチューブの断面形状「Flatback」なのです!!!!
このFlatbackとは卵形断面の背面を平らにすることにより真空状態を生み出し、結果気流を整えるデザインのことで、ほぼ各部分全てに採用されている。

しかーし!
上記の写真のように
ヘッドチューブのみ前後に長く
Flatbackとは異なる形状とされています。
そして、みにくくはなっていますが
ヘッドチューブの下部に突起があるのが見えますでしょうか☻?
これによりブレーキキャリパーによる空気の乱れを整えることができます↑

今回個人的に驚かされたのは
パーツを装着した状態でエアロダイナミクスを設計に反映させたことです(^^)
これを行うことによって
フロントブレーキによる空気の乱れを低減するため下部が前方へと張り出したヘッドチューブや、前方から見た際にリアブレーキが見えないように設計されたシートステー、ボトルによる空気の乱れに配慮したダウンチューブ形状など、どの作り込みも非常に緻密なものになっています☻
シートポストクランプを内蔵式とするなどの細やかなアップデートと併せて、従来モデルに対してエアロダイナミクスを47%向上させることに成功したそうです(≧∇≦)

そしてこの技術を支える素材も最高のものを用意。
素材には最新鋭の航空機にも使用されているという東レの「T1100 1K」 カーボンファイバーが採用されています。
これは優れた比剛性・比強度を持つことが特徴で、通常のDOGMA 65.1に対して、寸法や強度はそのままに素材を「T1100 1K」に変更することで80g軽く仕上がります☻
DOGMA F8ではフレーム単体で860g(54サイズ)を実現していますよ!

ピナレロの全バイクに採用される「アシンメトリックデザイン」も、16%の左右バランス向上とさらに進化。フレーム設計やFlatbackデザインのチューブ形状、カーボン素材などを突き詰め、DOGMA 65.1との比較で12%の高剛性化、120gの軽量化を生み出しました。

販売パッケージはフレームセットのみで、サイズは13種類と豊富です☻
ジオメトリーはほぼ従来モデルを踏襲。

以上がPINARELLOのDOGMA F8に関するレポートです\(//∇//)\
明日はそのDOGMA F8を実際に試乗会で乗った感想や感覚をお伝えできたらと思っております↑
乞うご期待!!!笑

友だち追加
イベント情報やお得情報を発信しています。
チャンネル登録お願いします。

ACCESS

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1-7-9
TEL:078-331-2712
営業時間:10:30-20:00