もう予備チューブは必要無い⁈

チューブレスタイヤでパンクした時、すぐにチューブを入れて補修しようとしていませんか?

これまでは、シーラントで穴が塞がらない場合はチューブを入れることで応急処置をしていました。しかしこの作業をする時には一旦タイヤを外すことになり、クリンチャーより大変なビード外しに加えシーラントで手がベタベタに…
これがイヤでチューブレス化を躊躇った方も居ると思います。
しかしこれからはそんな苦労も減ることでしょう。
チューブレスでのパンク時は、まず「プラグ」などと呼ばれる特殊な修理材をタイヤに開いた穴に差し込みます。これで多くの穴は塞がり、空気を入れてまた走り出せます。
そして修理したタイヤは寿命まで使い続けることができるのです。
この方法は自動車やオートバイで広く使われ、自転車でも以前から存在していました。
しかし携帯に便利な修理キットが少なかったことなどにより、特にロードではあまり普及していませんでした。
それが今回一例に挙げるようなコンパクトな携帯工具に搭載されるようになったので、今後は増えていくでしょう。
今回入荷したのはTOPEAKの新型マルチツール「TUBI」シリーズです。
このシリーズは上に紹介したパンク修理の為の専用ツールが含まれています。
これがあればもう予備のチューブを持つ必要は無いかもしれませんね。

この他にもSTAN’sの「ダーツツール」などをご用意しております。
詳しい使用方法はメカニックにご質問ください!
--------------------
*8/17(月)、18(火)はハービスPLAZA休館日のため休業させていただきます。
19(水)より通常通り営業いたします。
PAGE TOP